「泣くロミオと怒るジュリエット」世相表すダークな純愛劇

公開日: 更新日:

 日本映画批評家大賞を受賞した映画「焼肉ドラゴン」で監督を務めた劇作家&演出家、鄭義信の作・演出による猥雑でダークでポップな舞台。

 シェークスピアの時代もそうだったようにオールメール(男優のみのキャスト)による舞台。しかも時代は戦後間もない関西の港町。カストリ焼酎を売る屋台が町に林立し、闇市のすえたニオイが漂ってきそうな在日朝鮮人らの集落という設定。

 町を二分するのは戦勝国の“三国人”(台湾・朝鮮)の若者たちの愚連隊モンタギューと、ヤクザのロベルト(岡田義徳)傘下にあるキャピレット。

 モンタギューの元メンバーのロミオ(桐山照史=ジャニーズWEST)は今では更生し、カストリ屋台で働いている。彼の親友はケンカっ早いマキューシオ(元木聖也)と思慮深いべンヴォーリオ(橋本淳)。それぞれ、閉塞する時代や自分の置かれた境遇に悩んでおり、ある日、憂さ晴らしに出かけたダンスホールで、ロミオは田舎から出てきたばかりのジュリエット(柄本時生)に一目惚れする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る