劇団昴「Other People's Money 他人の金」格闘技のような激しい演技の応酬

公開日: 更新日:

 1991年に映画化(日本未公開)されたジュリー・スターナーの戯曲をこのところ活躍めざましい小笠原響が演出。舞台という四角いジャングルの中で役者たちが激しい演技の応酬をする格闘技のような舞台となった。

 ニューイングランドの電線メーカー「ワイヤー・アンド・ケーブル」。会長のジョーゲンソン(金子由之)は38年前に父の会社を引き継ぎ、紆余曲折はあったものの、地道に会社経営を行ってきた。しかし、もはや電線、鉄鋼という重厚産業は時代遅れ。主要部門は赤字で副業の配電機器部門などでカバーしていた。そこに目をつけたのが投資家のガーフィンクル(遠藤純一)。M&A(合併・買収)のエキスパートであり、業績の悪い会社を乗っ取って、株価を吊り上げて売る「ハゲタカ」だ。

 会社を守ろうとするジョーゲンソンは社長のコール(石田博英)、秘書のビー・サリバン(一柳みる)に相談。ビーはアメリカ有数の法律事務所で敏腕弁護士として活躍する娘のケート(米倉紀之子)に依頼。渋々だったケートは相手がフェミニズム嫌いとわかって腕を撫し、ここに2人の虚々実々の攻防が始まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

  10. 10

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

もっと見る