軍人と海の男の対立「最貧前線」は戦前化する日本への警鐘

公開日: 更新日:

 宮崎駿が模型雑誌に発表した「宮崎駿の雑想ノート」のエピソードのひとつを舞台化したもの。わずか5ページの短編を井上桂が脚本化、一色隆司が演出した。

 太平洋戦争末期、福島の漁船「吉祥丸」が特設監視艇として日本海軍に徴用される。軍艦のほとんどを失った海軍はアメリカ軍の動向を探るために漁船を使わざるを得なかったのだ。艇長は大塚少尉(風間俊介)、通信長は柳准尉(溝端淳平)、そして、元々の船長である菊池(内野聖陽)、漁労長・及川(ベンガル)、無線士・千田(佐藤誓)らが乗り込む。

 実戦経験はあっても漁船での航海に不慣れな軍人たちはクジラを潜水艦と見間違えたり、荒天も予測できない。軍人たちと海の男たちの対立は激しくなるが……。

 プロジェクションマッピングを使った大海原の航海、嵐のシーンなど迫力満点。さらに漁船のスケール感を出すため天井に届くような漁船内部の3層の船体セットが圧巻。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る