「アライブ」は別の病院探し…新型コロナで医療ドラマ激震

公開日: 更新日:

「病院を舞台にしたドラマなのに院内シーンが撮影できない!」

 テレビ局のスタッフからこんな悲鳴が上がっている。

 世界中を襲っている新型コロナウイルスによって、民放ドラマの収録現場がパニックに陥っているのだ。役者、スタッフなど大勢の人間が集まって収録を進めるドラマのロケ現場は、ウイルス感染が危ぶまれるシチュエーションのひとつ。

 今期は「トップナイフ ー天才脳外科医の条件―」(日本テレビ系)、「病院で念仏を唱えないでください」「恋はつづくよどこまでも」(ともにTBS系)、「アライブ がん専門医のカルテ」(フジテレビ系)といった医療ドラマが目立つ。政府はしばらくの間、たくさん人が集まる集会、イベント等の自粛を呼びかけているが、ドラマのロケもそんな自粛要請の対象のひとつになっている。たしかに50人近いエキストラが院内に配置されることもある病院ロケは、人間同士が“濃厚接触”する恐れがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

もっと見る