桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

残念な「テセウスの船」のメーク…「麒麟がくる」と対照的

公開日: 更新日:

 どうにもこうにも納得できないのがTBS系ドラマ「テセウスの船」。

 平成元年に起きた謎の連続毒殺事件の犯人として逮捕された父親の、無実を信じて息子が立ち上がるストーリー。過去と未来を行き来する、いわゆるタイムスリップものだ。

 主人公の田村心を演じるのは竹内涼真。そして事件後、殺人犯として逮捕され、現在も無実を主張する父・佐野文吾に鈴木亮平。他に上野樹里榮倉奈々、麻生祐未、安藤政信……キャストも豪華で見応え十分だ。

 納得いかないのは特殊メークだ。事件当時、主人公は母親のお腹の中にいる。当然、現代では父親の鈴木亮平も母親の榮倉奈々もみんな31年分年を取っていることになるが、それを本人たちが老けメークでやっちゃっている。突然、コントが始まったかと思った。

 体重を自在にコントロールし、役になりきる鈴木は特殊メークに頼らずとも、どうにかできたと思うし、現代のシーンはダブルキャストで相応の年代の女優が演じた方がよかったのでは。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  5. 5

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  6. 6

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  10. 10

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

もっと見る