桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

残念な「テセウスの船」のメーク…「麒麟がくる」と対照的

公開日: 更新日:

 どうにもこうにも納得できないのがTBS系ドラマ「テセウスの船」。

 平成元年に起きた謎の連続毒殺事件の犯人として逮捕された父親の、無実を信じて息子が立ち上がるストーリー。過去と未来を行き来する、いわゆるタイムスリップものだ。

 主人公の田村心を演じるのは竹内涼真。そして事件後、殺人犯として逮捕され、現在も無実を主張する父・佐野文吾に鈴木亮平。他に上野樹里榮倉奈々、麻生祐未、安藤政信……キャストも豪華で見応え十分だ。

 納得いかないのは特殊メークだ。事件当時、主人公は母親のお腹の中にいる。当然、現代では父親の鈴木亮平も母親の榮倉奈々もみんな31年分年を取っていることになるが、それを本人たちが老けメークでやっちゃっている。突然、コントが始まったかと思った。

 体重を自在にコントロールし、役になりきる鈴木は特殊メークに頼らずとも、どうにかできたと思うし、現代のシーンはダブルキャストで相応の年代の女優が演じた方がよかったのでは。

 この雑な仕事はなんだと思って調べたら、担当はハリウッドでも活躍する特殊メークのパイオニア・江川悦子というから2度びっくり。さてはTBSがギャラをケチったか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  2. 2
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  3. 3
    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  1. 6
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  2. 7
    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

  3. 8
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  4. 9
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 10
    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた

    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた