三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

「彩の国落語大賞」受賞!落語家と賞レースはどんな関係か

公開日: 更新日:

 暗いニュースが多いなかで明るいニュースをひとつ。私、三遊亭鬼丸がこのたび、令和元年度彩の国落語大賞を受賞しました! えっ!? そんな賞は聞いたことがないって? 何を言ってるんですか。平成10年に創設され第1回の受賞者はあの林家たい平師匠。その後も柳家花緑、柳家喬太郎、立川談春師匠らの人気、実力を兼ね備えた落語家が受賞している栄えある賞なんです。あっ、立川志らく師匠も受賞してます。なので受賞コメントでは「この賞の名を傷つけぬようこれからは自分だけでなく妻の貞操にも気をつけたいです」と言っておきました。

 ところで、落語家と賞レースってどんな関係なのかお話ししましょう。取れるのなら、もらえるのなら欲しいけど、そのためだけに落語やってるわけじゃないというのが本音でしょうか。漫才のM―1なんかは優勝した瞬間から人生が変わるぐらいのインパクトがありますよね。なんなら優勝しなくても芸人人生に影響はあります。それと比べると落語界って賞を取ってもあまり周りの反響はありません。応援してくれてるお客に「あなたの見る目は間違ってませんよ。ちゃんと評価される芸人を応援してるんだから安心してね!」っていう意味では賞を取った方がいいんですが、若い頃から賞をたくさん取ってたからって名人上手で売れっ子になれる保証はないんですよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

もっと見る