三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

「彩の国落語大賞」受賞!落語家と賞レースはどんな関係か

公開日: 更新日:

 暗いニュースが多いなかで明るいニュースをひとつ。私、三遊亭鬼丸がこのたび、令和元年度彩の国落語大賞を受賞しました! えっ!? そんな賞は聞いたことがないって? 何を言ってるんですか。平成10年に創設され第1回の受賞者はあの林家たい平師匠。その後も柳家花緑、柳家喬太郎、立川談春師匠らの人気、実力を兼ね備えた落語家が受賞している栄えある賞なんです。あっ、立川志らく師匠も受賞してます。なので受賞コメントでは「この賞の名を傷つけぬようこれからは自分だけでなく妻の貞操にも気をつけたいです」と言っておきました。

 ところで、落語家と賞レースってどんな関係なのかお話ししましょう。取れるのなら、もらえるのなら欲しいけど、そのためだけに落語やってるわけじゃないというのが本音でしょうか。漫才のM―1なんかは優勝した瞬間から人生が変わるぐらいのインパクトがありますよね。なんなら優勝しなくても芸人人生に影響はあります。それと比べると落語界って賞を取ってもあまり周りの反響はありません。応援してくれてるお客に「あなたの見る目は間違ってませんよ。ちゃんと評価される芸人を応援してるんだから安心してね!」っていう意味では賞を取った方がいいんですが、若い頃から賞をたくさん取ってたからって名人上手で売れっ子になれる保証はないんですよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る