三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

落語ほど世の中に不要不急なものはないから仕方ないけれど

公開日: 更新日:

 新型肺炎、コロナウイルスのためにさまざまな催しの中止や延期さらには休校が発表されてますが、我々落語界も大変なんですよ。大小の落語会が次々キャンセルに。電話がかかってくるとキャンセルの電話ということが続くため、電話恐怖症の落語家が続出です。まあ不要不急の外出は避けるようにと言われてしまいますと、落語ほど不要不急なものは世の中にありませんから仕方ないですね。

 でもね、私はちょっとパニックになりすぎかなぁと。だって毎年インフルエンザが流行して高齢者や持病のある方がお亡くなりになることはあるわけで、逆にかかっても死なないのが大多数でしょう。コロナウイルスという聞き慣れない名前にビビりがちですが、平均致死率50%のエボラ出血熱のような恐怖心を感じる必要はないはずです。C型インフルエンザってネーミングだったらこんなに騒がれなかったんじゃないですかね。能天気過ぎますか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る