三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

エンタメ界は瀕死でも寄席は営業中 今こそ逆張りの発想で

公開日: 更新日:

 いやぁ参りました! 2週間先が良くなってるのかさらに悪くなってるのか全く予想できない状況。農林水産省が給食で使うはずの牛乳が余っちゃうから皆で飲んで酪農家を助けて、さまざまな式で使うはずのお花が余るから皆で買って生花農家を助けてとか喚起してますね。飲食店は青息吐息、そこへ卸してる問屋も瀕死の状態。真っ先にやり玉に挙げられたエンターテインメント業界は仮死状態です。

 さて我々落語業界もいつになったらこの状態から抜けられるのかわからず暗中模索です。4月の仕事のキャンセルも出始め、そうなると6、7月の仕事もなかなか決まりませんからね。私にとっては2011年の震災以来の試練です。リーマン・ショックは企業絡みの仕事には影響があったようですが、当時若手で太い仕事と無縁だった私はあまり影響受けませんでした。古い芸人によると昭和から平成にかわるときも大変だったそうですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る