三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

落語家として教訓を噛みしめる…読書家・野村監督の格言

公開日: 更新日:

 野村監督が亡くなりました。私は阪神ファンですからひとかたならぬ恩義を感じております。多くの著書も読みました。野球は頭でやるもの、ID野球といった考えは私の野球観戦偏差値を確実に上げてくれたと思います。しかしそれだけではなく、読書家野村監督の名言、格言は、生き方、人生の教訓として現在の落語家生活に影響を与えてくれてます。今日はそんな野村監督の格言を落語家としてどう受け止めたかを書きましょう。

「若いときに流さなかった汗は年をとったときの涙になる」

 これなんかは落語家のために言ってくれた言葉じゃないかと思うほど染みる言葉です。若いときに司会や余興で安易にお金を稼ぐことを覚えて噺の稽古をしないと年取ってから苦労するんですよ。

「勝ちに不思議の勝ちあり負けに不思議の負けなし」


 高座に上がってネタやって降りてきたときに、何か今日はウケたなぁって時があります。お客さん、ネタ選び、体調、精神面が万全ではないけど、いやむしろその逆なのに。でもそれは実力だと思ってはいけないんです。不思議なんです。逆にウケなかった時にお客のせいだけにしてもいけないんです。もっとウケなかった事実にはウケなかった理由があることを考えて成長しなければなりません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  3. 3

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  4. 4

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  8. 8

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る