俳優危機訴えた西田敏行 病にも負けず「不撓不屈」の原点

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスによるイベント中止などで収入が激減し、苦しむ俳優仲間のために立ち上がった西田敏行(72)が話題である。約2600人の俳優からなる協同組合「日本俳優連合」理事長として、「どうか雇用・非雇用の別のないご対応で、文化と芸能界を支える俳優へご配慮下さいますよう」などと書いた要望書を政府に出したのだ。

 安倍政府のコロナ緊急対策に盛り込まれている助成金は、仕事を休まざるを得なくなったフリーランスに対し、1日一律4100円を給付としている。これは正規・非正規雇用者の8330円の半額で、「合理性を欠いている」と国会でも追及している問題だ。とりわけ俳優の場合、ほとんどが個人事業主、つまりフリーランスの上、イベント中止で仕事がなくなっても、キャンセル料の話し合いにすら至らないという。

 コロナ禍で困窮しているのは俳優だけじゃないが、「私たちにとっては仕事と収入の双方が失われ、生きる危機に瀕する事態」と窮状を訴えた西田が、その業界のトップとして、後輩や仲間たちから賛同を集めているのも当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

もっと見る