杏は東出昌大との復縁に軟化姿勢 浮気夫でも子はかすがい

公開日: 更新日:

「東出さんのコメントは杏さんへのメッセージでしょう。囲み会見は彼にとって禊で、どうかまた僕を受け入れてくださいと、テレビを通じて杏さんに訴えたのです」

 17日に行われた東出昌大(32)の会見を取材したベテラン芸能記者、青山佳裕氏はそう言った。若手女優と3年前から不倫に走り、双子の子育てに追われつつ、第3子を妊娠中の杏(33)が悩み苦しみ、体調を崩しても、家庭を顧みなかった東出。そしてついに杏も堪忍袋の緒が切れて、今年に入って家から東出を叩き出した。

 杏は2月18日のイベント後、報道陣の問い掛けに「今後のことにつきましては、ゆっくり考えさせていただきたい」とコメント。

 不倫騒動発覚後、東出からの電話もラインにも応じず、連絡なしで帰宅した際も家にはあげなかったそうだ。しかし東出の会見によると、その後、共通の知人に間に入ってもらい、杏は対面に応じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る