コロナ禍で街ブラ&食リポNGの悲鳴…病院ロケより事態深刻

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスがテレビの制作現場に混乱を来している。今クール6本もある医療ドラマで“病院ロケ”ができないと話題になっているが、それどころではないのだ。

「芸能人が登場するイベントが例年ならこの時期は新番組、新製品など、1日10件超えなんてザラだったのに、1日1件、下手したらゼロ。はじめのうちはコロナ禍で困窮する地下アイドルらを取材していましたが、このままではフリー稼業の自分たちの生活も危ういですよ」(フリーのテレビ制作スタッフ)

「予算がかからなくて便利な“街ブラ”ロケが厳しくなりました。食べ歩きや試食や“食リポ”などは衛生上の問題でできないし、長時間のロケバス移動は感染のリスクを高めるということで禁止です。局アナがレギュラー番組で穴をあけようものなら即コロナ疑惑に直結してしまうので、特に局アナロケはテレビ局周辺のみという話もあります。桜の開花リポートも現地の地方局に頼むか、視聴者映像を借りるしかないですよ」(制作会社)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る