影山貴彦
著者のコラム一覧
影山貴彦日本笑い学会理事

同志社女子大学学芸学部メディア創造学科教授。1962年、岡山県生まれ。86年毎日放送入社、「MBSヤングタウン」などを手がける。ABCラジオ番組審議会委員長、上方漫才大賞審査委員、GAORA番組審議会委員、日本笑い学会理事。著書に「テレビドラマでわかる平成社会風俗史」(実業之日本社)など。

休演相次ぐ中…桂文珍の国立劇場独演会が開催された背景

公開日: 更新日:

 国の新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を受け、自粛が連鎖的に続く中、エンターテインメントを専門とする僕としては、なんとかエンターテインメントに頑張って欲しいと思っている。

 PerfumeやEXILEのようなドームクラスのコンサートが当日中止を決断するというのはエンタメ業界においては史上まれにみる事態なのは確かだが、震災でも笑いを提供していた「なんばグランド花月」が休演に踏み切ったのは意外だった。僕ら関西人は“NGKは何が何でも閉めない”と思っていただけに衝撃的で、心のよりどころを失ったような気分にすらなっている。

 僕はX-JAPANのYOSHIKIが無観客イベント開催を頼まれ、断ったことを明かし「苦渋の決断を伴うかもしれないけど、今このタイミングで、コンサートを行う行為、及び参加は、危険な行為だと思う」と皆の安全に重きを置いたコメントに賛成ではあるが、やはり寂しいものがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  7. 7

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  8. 8

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る