コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス感染症の流行で、観光産業とともに甚大な影響を受けているのが飲食産業だ。

 在宅テレワークに移行する企業が増えて外出者が減ってる上に、企業によっては飲み会なども禁止されているからだ。繁華街である六本木も東日本大震災の直後同様に、夜になると人通りがなくなるありさま。どの店も閑古鳥が鳴いていて、コロナ騒動が長引けば閉店ラッシュが待っていることは間違いない。

 だが、とある芸能人の一言で暗く沈んでいた気持ちが救われたという証言を得た。六本木の飲食店経営者が語る。

「売り上げ減は尋常ではありませんが、それはどこも同じ。今は耐えるしかありません。先日、六本木で同じように飲食店を経営するDA PUMPのISSAさんが飲みに来てくれ、『本当はメンバーやスタッフと大勢で飲みに来たかったんですが、今はそういうわけにはいかずすいません』と頭を下げられました。涙が出ましたね。残念なことですが、こんな時期なのに飲みに来てやったんだからサービスしろよと横柄になるお客さんもたくさんいます。そんななか、ISSAさんの温かい一言は胸に響きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る