石橋貴明の新番組 フジ局内「退職官僚の天下り」の揶揄も

公開日: 更新日:

 とんねるず石橋貴明(58)唯一のレギュラー番組である「たいむとんねる」(フジテレビ系)が3月いっぱいで終了。ついに約40年ぶりにレギュラーゼロの窮地に陥ると思われたが、4月から同じフジ系列で石橋がMCの新番組「石橋、薪を焚べる」が始まることになった。

 日頃から「ネットには負けない。テレビでまだまだ面白いことをやれる」と豪語してきた石橋だが、新番組の内情について知るフジテレビ関係者が語る。

「石橋さんが『夕やけニャンニャン』や『みなさんのおかげでした』でフジに多大な貢献をしてきてくれた超がつくほどの功労者であることは間違いありません。しかし、いくら何でももう視聴率を取れる存在ではなくなってしまい、その処遇にみんな困っています。局内の一部では厄介者扱いをされ、“退職官僚の天下り”と揶揄する声もあるほどです。『たいむとんねる』終了にあたり、本人は上層部に中居クン(中居正広)と組みたいと言っていたと聞きましたが、中居さんが先日のジャニーズからの独立問題でそれどころではなく、4月の新番組では実現しなかったそうです」

「うたばん」時代の名コンビ復活となれば注目度も高かっただろうが、4月からの新番組のコンセプトは「スロートーク」。たき火を前にゲストと語り合うそうで、石橋は「キャンプを究めます。打倒ヒロシ!」と意気込みを表明しているが、さて。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る