コロナで動画再生伸びる アスリートも続々公開し一躍人気

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス感染拡大による臨時休校で、動画の閲覧数が軒並み上がっている。特に人気なのは運動不足を解消するフィットネス系。ここへきて、懐かしの「ビリーズブートキャンプ」に“再入隊”する人も増えはじめた。

 日本サッカー協会(JFA)が13日、岡崎慎司(33)と香川真司(30)の動画を公式ツイッターに投稿。すると9万回以上も再生され、大きな話題になった。

「真司でーす!」「慎司でーす!」「2人あわせてWシンジでーす!」と明るく登場する2人は、お笑い芸人さながら。序盤では、コロナショックを神妙な面持ちで話す香川さんに、岡崎さんが「マジメかっ!」と頭を叩いてツッコミ。バリバリの関西弁(2人とも兵庫県出身)で、「全国のサッカー少年少女へ」と題し、室内でしりとりリフティングをしている。

 頭を使いながらスキルも発揮する動画は、「入りがやっすい芸人やないか」、「元気頂きました」とほっこりさせるだけでなく、「家にこもりっきりの子供たちが楽しめてありがたい」といった親たちから感謝のコメントも多数寄せられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る