コロナで動画再生伸びる アスリートも続々公開し一躍人気

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス感染拡大による臨時休校で、動画の閲覧数が軒並み上がっている。特に人気なのは運動不足を解消するフィットネス系。ここへきて、懐かしの「ビリーズブートキャンプ」に“再入隊”する人も増えはじめた。

 日本サッカー協会(JFA)が13日、岡崎慎司(33)と香川真司(30)の動画を公式ツイッターに投稿。すると9万回以上も再生され、大きな話題になった。

「真司でーす!」「慎司でーす!」「2人あわせてWシンジでーす!」と明るく登場する2人は、お笑い芸人さながら。序盤では、コロナショックを神妙な面持ちで話す香川さんに、岡崎さんが「マジメかっ!」と頭を叩いてツッコミ。バリバリの関西弁(2人とも兵庫県出身)で、「全国のサッカー少年少女へ」と題し、室内でしりとりリフティングをしている。

 頭を使いながらスキルも発揮する動画は、「入りがやっすい芸人やないか」、「元気頂きました」とほっこりさせるだけでなく、「家にこもりっきりの子供たちが楽しめてありがたい」といった親たちから感謝のコメントも多数寄せられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る