城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

テレビ番組が報道と再放送だけに…緊急事態長期化で現実味

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスによる「緊急事態宣言」で、芸能界も“激震”、いやそれ以上の壊滅的な状況に追い込まれている。

 まず、出演者が次々に感染を発表して関係各方面に大きな影響が出ている。森三中黒沢かずこ(41)、俳優の小宮璃央(17)、脚本家のクドカンこと宮藤官九郎(49)、ケツメイシのRyoji(45)。また福岡のローカルタレントのゴリけん(46)もそうだ。以前、彼は東京で活動していたので覚えている人も多いだろうが、そのゴリけんがやはりコロナ感染が明らかになり、と同時に彼が出演していた生放送番組を休止した。彼が出演する曜日ではなかったが、最近も出演したばかりで、司会者や共演者だけでなく、スタッフにも濃厚接触者が多くいると判断したからだ。

 スタジオに出演者がいるということは、その人にピンマイクをつける音声スタッフやメーク担当など、すぐそばで作業する人が多くいる。ほとんどの番組で数十人のスタッフが存在し、「閉鎖された」スタジオで多数の人が話をする。いわゆる「3密」状態が本番前から続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  3. 3

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  4. 4

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  5. 5

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  8. 8

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  9. 9

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

  10. 10

    甲子園交流戦は情実てんこ盛り 全生中継するNHKへの疑問

もっと見る