三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

オンライン落語は絵面が弱い…お座敷営業で原点回帰!?

公開日: 更新日:

 私が住んでるところはまだアベノマスクも給付金申請書も届きませんが、自動車税の振込用紙は容赦なく届きました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 この調子でいくと5月いっぱいで緊急事態宣言も解除されるんでしょうが、どうやら我々落語界に限らずエンターテインメントの業界は厳しいものになりそうです。政府は宣言解除後のイベントについて、屋内100人以内でソーシャルディスタンスを十分にとるようにとのこと。この基準をホールや劇場に当てはめて考えると、収容人数のおよそ15%しか入れてはいけないことになるんですよ。私が年に4回独演会を開催してる内幸町ホールだと188席ですから28人しか入れられないことになります。入場料が2000円なので会場代にもなりません(会場代は7万6000円)。オンライン落語? いやいやオンラインって相当うまくて面白い落語でもコンテンツとしての絵面は弱いんですよね。歴戦のユーチューバーたちと戦える自信が私にはありません。たぶん私は原点回帰で、20人相手に5000円で落語を聴いてもらう形の仕事方法になると思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る