桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

手越祐也はペラペラ露呈も…意外と軽佻浮薄ではない有名人

公開日: 更新日:

 ジャニーズ事務所を退所した元NEWS手越祐也(32)の記者会見を見た。

 手越は今春、安倍首相昭恵夫人らと「花見」をしたと報じられたが、会見でそのことに話が及ぶと「コロナ自粛で世界中が暗いなか、どうやったら政治の面で、パフォーマンスの面で明るくしていけるかを話し合っていた……たまたま桜がありましたけど、未来へのビジョンを語る会」うんぬん。退所の理由も「自分の夢を実現させるため」とか「自分の影響力を最大化したい」などなど。事実と報道があまりに違うから自分の口から真実を語りたいという割には、コロナ自粛のさなかの外出についても「僕にとっては不要不急ではなかった」と自己正当化に終始。記者の質問に答える瞬発力とよどみなく語るペラペラぶりが印象に残った。

 昔からペラペラしゃべる男にロクな人間はいないという。最近なら“トイレ不倫”渡部建か。頭の回転は速いが、明石家さんまのようにお笑いに生かすのではなく、人脈づくりや金儲けに走ったりするとアレレなことになる。手越からも似たにおいがしてくるのは気のせいか。「人は見た目が大事」というが、見た目以上に、チャラいかも要チェック。ぺラ男でいいのはさんまだけだ。

見かけはチャラ男だが、好感持てる

 ところで、見た目チャラ男といえば、ピンクの髪がトレードマークのお笑い第7世代の代表的コンビ「EXIT」の兼近大樹。ぱっと見、手越と同類かと思っていたら意外にも真面目で勉強家なのが見えてきた。「ワイドナショー」などのコメンテーターで自分なりに考えた意見を述べ、好感が持てる。立て板に水のごとくしゃべるペラ男とは違い、ポツポツと語るところが信頼できる。

意外にインテリで屈託ないフワちゃん

 もう一人、スポーツブラがトレードマークのYouTuber芸人のフワちゃん。篠原ともえの令和版と思っていたのだが、20日「人生最高レストラン」(TBS系)で自身のことを話していたが、ああ見えて、実は東洋大学文学部中国哲学文学科卒だとカミングアウト、「哲学極めるとこうなっちゃうの」と。昔ワタナベエンターテインメントに所属していたが、素行が悪いとクビになり、その後、売れっ子になってナベプロの人とテレビ局で会った際に、「逃したな~」って言ったら相手に「そういうところを直せと叱られた」と屈託なく話して面白かった。

 兼近もフワちゃんも軽佻浮薄の典型かと思ったら意外や意外、中身はちゃんとしている。

 チャラそうに見えて中身はそれ以上にチャラかった手越。チャラそうなのに実はチャラくない兼近&フワちゃん。人は見かけによらないか。

 それにしても、たかだかジャニーズの一タレントの退所に大騒ぎするマスコミが一番マヌケ。もっと報じることが山ほどあるだろうに。

【写真】元NEWS手越祐也の“超密&激アツ”会見(11枚)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった