13年ぶり「ハケンの品格」出演陣“加齢と大御所化”という壁

公開日: 更新日:

「私を雇って後悔はさせません。3カ月間お時給の分はきっちり働かせていただきます」のすがすがしい名セリフとともに、13年ぶりに篠原涼子(46)主演の「ハケンの品格」(日本テレビ系)が戻ってきた。数々の資格を持ち、時給は3000円の“スーパー派遣”として篠原演じる大前春子の爽快劇。世の中はコロナ禍の影響で派遣切りが急増し、その影響もあってか、初回視聴率は14.2%と幸先良いスタートを切った。

 前作から13年ぶりとあってか、キャストたちの老化、いや大御所感は否めない。それもそのはず、篠原は大女優となり、プライベートではこの13年の間に2人の子供を出産し、子育てまっただ中。2人の子供は12歳と8歳になり、手がかかる時期は過ぎたものの、まだ母親の手が必要な時期でもある。

 本来であれば、4月にスタートするはずだったが、コロナの影響で放送が延期され、前回のドラマが特別に放送されることになった。その際、篠原が自宅から自撮りで告知をしたのだが、篠原はエプロンをし、顔こそ見えないが子供らしき姿も映り、篠原の母親としての顔を垣間見ることができた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

もっと見る