三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

ご自宅まで持参 お中元にも発動する貧乏若手救済システム

公開日: 更新日:

 今回はお中元をテーマに書きますね。7月1日からがお中元の時期と知ったのは噺家になってからでした。

 師匠(3代目三遊亭円歌)の住み込みの弟子をしていると「明日からみんながお中元持ってくるから必ず家に居るように」とお達しが出ます。噺家の世界はお中元の郵送は禁止。自宅まで持参しなくてはなりません。訪れる師匠方が無駄足を踏まぬよう我々前座の弟子は交代で師匠宅に控え、お中元を受け取ると、今度はうちの師匠が用意したお返しの品を渡すのです。

 お返しの品はうちの師匠の場合、木箱に入った稲庭うどんでしたね。佐藤養助商店の。大量に注文するので端きれのうどんがサービスで付いてきて、それは我々弟子が食べることができました。なので今でも私は稲庭うどんは佐藤養助商店のが好きですねぇ。

 二つ目になると今度はお中元を持っていく側に回ります。仕事をもらったり稽古をつけてもらった師匠や先輩のところに持ってくわけですが、今みたいにGoogleマップがある時代ではないので行ったことのある人に地図を書いてもらい、その地図を頼りに伺います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  3. 3

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    阪神・藤浪が5日先発 ノーコン男に好調巨人打線も戦々恐々

もっと見る