三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

ご自宅まで持参 お中元にも発動する貧乏若手救済システム

公開日: 更新日:

 今回はお中元をテーマに書きますね。7月1日からがお中元の時期と知ったのは噺家になってからでした。

 師匠(3代目三遊亭円歌)の住み込みの弟子をしていると「明日からみんながお中元持ってくるから必ず家に居るように」とお達しが出ます。噺家の世界はお中元の郵送は禁止。自宅まで持参しなくてはなりません。訪れる師匠方が無駄足を踏まぬよう我々前座の弟子は交代で師匠宅に控え、お中元を受け取ると、今度はうちの師匠が用意したお返しの品を渡すのです。

 お返しの品はうちの師匠の場合、木箱に入った稲庭うどんでしたね。佐藤養助商店の。大量に注文するので端きれのうどんがサービスで付いてきて、それは我々弟子が食べることができました。なので今でも私は稲庭うどんは佐藤養助商店のが好きですねぇ。

 二つ目になると今度はお中元を持っていく側に回ります。仕事をもらったり稽古をつけてもらった師匠や先輩のところに持ってくわけですが、今みたいにGoogleマップがある時代ではないので行ったことのある人に地図を書いてもらい、その地図を頼りに伺います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

  10. 10

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

もっと見る