三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

マスクが標準 鼻から下がブスな女優さんはチャンス到来?

公開日: 更新日:

 相も変わらずの毎日を送っております。何となくの自粛ムードに怯え、世間という見えない敵の目を盗んでゴルフや飲み会もコソコソと隠れながら行っております。

 いつになったらコロナ以前が戻ってくるのか考えていると、ふとテレビに対してコロナに染まってしまった脳が違和感を覚えるように。例えば、アメリカのデモを見ていれば「密だなぁ」、野球を見てれば「あの選手ベンチでマスクしてない」、ホームランのあとに「あっ今タッチしたよ」と。プロレスの毒霧攻撃に「大量飛沫!」、ドラマのキスシーンに「濃厚接触」なんて考えるコロナ脳になってるようです。これからのドラマとかはどうやって描いていくのが正解なんですかね。

 日常はマスク姿が標準ですから、ドラマの中だけマスクしてないのも違和感ありますよね。一目惚れした相手とデートにこぎつけ、食事するときにマスクを外したら鼻から下がスゴいブスでがっかりみたいな脚本も出てくるんでしょうか。そうすると鼻から下がブスな女優さんにはチャンス到来ですね。映画デートだと隣に座れないから1つ席を空けてても手をつなげるように手の長い俳優が重宝がられるってことも。リモート飲みですてきな部屋だと思ってたらカメラの前だけキレイで、そこ以外はゴミ屋敷、またはその逆で、さえない部屋だと思ってたら大富豪の豪邸の一室だったなんて展開もあるかもね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

もっと見る