三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

公開日: 更新日:

 聞こえてくる評判は、マジメ、誠実、礼儀正しい、ストイック、シャイ、繊細――。人気俳優の三浦春馬さんが7月18日、自宅クローゼットで首を吊った状態で見つかった衝撃が芸能界を超えて広がっている。享年30。なぜ死にいたったのか、遺書のようなものもあったというが、前途洋々の若者に死を選ばせるほどのナニかがあったとはなかなか考えにくい。

 三浦さんはNHK連続テレビ小説「あぐり」(1997年)の子役で芸能界デビュー。2007年公開の主演映画「恋空」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、売れっ子俳優に。CMのほか、ドラマや映画の出演も控え、順風満帆であった。

「自殺とみて警察は捜査を進めているようですが、三浦さんを知る芸能関係者は誰しも首をかしげています。控えめでシャイな性格といい、評判は上々。酒席で陽気になるくらいで、悪く言う人がいない。最近は酒量が増え、ひとりで飲み歩くこともあったそうですけど、だからといって、それが自殺する理由になるとは到底思えませんから」(スポーツ紙芸能デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る