藤井棋聖めぐる“争奪戦” 芸能プロが億単位の契約金提示か

公開日: 更新日:

 大手芸能プロダクションを交え、広告代理店、民放キー局が入り乱れて争奪戦が展開されているのが史上最年少でタイトルを獲得した藤井聡太棋聖(18)。

 テレビ番組やCMに出演させようとアノ手コノ手で接触しては口説いているという。すでに大手プロダクションは億単位の契約金を提示したという話まで飛び交っている。

 しかし、「すべてのオファーに対しNGを出したそうです。どんな提案も一切、聞く耳を持とうとしないようなんですよ」(芸能プロ関係者)という。

 現在、藤井棋聖は第61期王位戦で木村王位に挑戦中。将棋連盟関係者を筆頭に日本国民の多くが藤井棋聖に王位戦、さらには今年度中にほかのタイトルを手にする可能性もあり、それを心待ちにしている状態だ。

「勝負に一番こだわっているのは藤井棋聖本人です。必要以上にメディアの取材を受けないのは、タイトル戦に集中するためです。一人きりになった藤井棋聖の周囲には蚊さえ寄り付かないといわれているんです。絶対に勝つという勝負に対するこだわりが尋常ならざる気を発しているんです」(スポーツ紙将棋担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る