• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

羽生善治は食卓でも将棋の思考 家族は「宇宙に行ってる」

 私は、一流棋士の証しはタイトル戦に登場することだと思っている。

 162人の現役棋士(今年12月時点)で、それに該当するのは24%の40人。その中でタイトルを獲得したことがある棋士は25人だ。

 タイトル経験者で10期以上の実績を上げた現役棋士は5人しかいない。12期の森内俊之九段(47)、13期の佐藤康光九段(48)、19期の渡辺明棋王(33)、27期の谷川浩司九段(55)である。

 そしてトップは今年の竜王戦でタイトルを獲得し、通算99期の最多記録を更新した羽生善治竜王(47)だ。いかに突出しているかがよくわかる。

 その羽生は竜王を通算7期獲得したことで、規定によって「永世竜王」の称号を取得した。

 そして、すでに取得している名人・王将・棋聖・王位・棋王・王座の永世称号と合わせると、「永世七冠」という前人未到の偉業を達成したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る