田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

羽生善治は食卓でも将棋の思考 家族は「宇宙に行ってる」

公開日:

 私は、一流棋士の証しはタイトル戦に登場することだと思っている。

 162人の現役棋士(今年12月時点)で、それに該当するのは24%の40人。その中でタイトルを獲得したことがある棋士は25人だ。

 タイトル経験者で10期以上の実績を上げた現役棋士は5人しかいない。12期の森内俊之九段(47)、13期の佐藤康光九段(48)、19期の渡辺明棋王(33)、27期の谷川浩司九段(55)である。

 そしてトップは今年の竜王戦でタイトルを獲得し、通算99期の最多記録を更新した羽生善治竜王(47)だ。いかに突出しているかがよくわかる。

 その羽生は竜王を通算7期獲得したことで、規定によって「永世竜王」の称号を取得した。

 そして、すでに取得している名人・王将・棋聖・王位・棋王・王座の永世称号と合わせると、「永世七冠」という前人未到の偉業を達成したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る