長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの影響で中断していたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が8月30日から放送再開される。低迷しつつあった視聴率回復に向けて気合を入れなければならないはずの現場だが、一向にテンションが上がる気配はなく、「お通夜みたいな雰囲気」と語るスタッフもいる。

 元凶となっているのが、全出演者に配布された“コロナ感染防止マニュアル”。スタッフのフェースガード着用から、「役者同士の距離は2メートルを守る」「2メートル以内の演技は時間を制限する」といった細かい決め事が書かれている。

 マニュアルによって、撮影中断まで役者やスタッフの交流の場所になっていたスタジオ前の待機場所(通称・前室)も立ち寄りが制限されている。コミュニケーションが遮断された異様な光景はメークルームも同様で、役者同士やスタッフとのやりとりが最低限に制約されているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る