三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

公開日: 更新日:

 7月18日に急逝した三浦春馬(享年30)は、2014年6月4日のギャラクシー賞贈賞式を欠席している。同賞テレビ部門「個人賞」を、自ら企画提案した連続ドラマ「僕のいた時間」や篠原涼子と共演の「ラスト(ハート)シンデレラ」で受賞したが、会場に三浦の姿はなかった。

 ギャラクシー賞は放送の専門家らが1年をかけてテレビ、ラジオ、CMなど優れた作品を表彰するイベントとして、放送業界では一目置かれている。この年は放送ジャーナリズムに貢献した志賀信夫の功績を称えて創設された「志賀信夫賞」を、「渡る世間は鬼ばかり」などの石井ふく子プロデューサーが受賞し、水前寺清子、中田喜子らドラマ出演女優とともに登壇した。

「個人賞」でいえば、11年に三浦の事務所の先輩、福山雅治が受賞、コンサートの合間を縫って駆け付けた。12年小泉今日子、13年は今期「半沢直樹」で話題の堺雅人、15年以降も杏、遠藤憲一、満島ひかり高橋一生菅田将暉と話題の俳優が贈賞式に出席している。関係者にとっては名誉でもあり、プライオリティーが高いイベントになっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る