大森南朋の争奪戦勃発「わたナギ」で好感度No.1おじさんに

公開日: 更新日:

 2020年下半期、テレビ界で次に大化けするといわれているのが俳優の大森南朋(48)。今やドラマやバラエティー番組のキャスティング会議で必ず名前が挙がるという。お世辞にもイケメンとは言い難い風貌ながら、女子大生やOL、若妻層の間で人気沸騰中なのだ。映画やドラマで演じてきた役柄のイメージは“ちょっと危ないおじさん”。

 ほとんど名前を知られていなかった大森が脚光を浴びるきっかけとなったのは、多部未華子(31)がヒロインを演じたドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の大成功だ。TBSといえば今期、全話視聴率20%超えを達成している「半沢直樹」の成功ばかりが報じられているが、実はその陰で「わたナギ」もきっちりと結果を出していた。

「初回の見逃し配信は、1週間で220万回再生と同局の記録を更新した。初回世帯視聴率14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を叩き出しその後、回を重ねるごとに数字を上昇させたんです。しかも、最終話は世帯視聴率19・6%。全話平均視聴率も15・1%で『逃げ恥』の平均視聴率14・5%を超えてしまった。『半沢』が放送されていなければ間違いなく今期ナンバーワンドラマだった」(キー局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

  2. 2
    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

  3. 3
    巨人「原監督続投」を吹き飛ばす“チーム空中分解”の内部情報 「全権のひずみ」とOBも警鐘

    巨人「原監督続投」を吹き飛ばす“チーム空中分解”の内部情報 「全権のひずみ」とOBも警鐘

  4. 4
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

  5. 5
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

もっと見る

  1. 6
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  2. 7
    自民・甘利幹事長「政府の意思決定の中に共産党の意思が」執拗に野党共闘を“口撃”するワケ

    自民・甘利幹事長「政府の意思決定の中に共産党の意思が」執拗に野党共闘を“口撃”するワケ

  3. 8
    れいわ新選組 「野党共闘」重視した山本太郎代表の“大人の対応”が奏功…悲願達成には3議席獲得が絶対

    れいわ新選組 「野党共闘」重視した山本太郎代表の“大人の対応”が奏功…悲願達成には3議席獲得が絶対

  4. 9
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  5. 10
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…