大森南朋の争奪戦勃発「わたナギ」で好感度No.1おじさんに

公開日: 更新日:

 2020年下半期、テレビ界で次に大化けするといわれているのが俳優の大森南朋(48)。今やドラマやバラエティー番組のキャスティング会議で必ず名前が挙がるという。お世辞にもイケメンとは言い難い風貌ながら、女子大生やOL、若妻層の間で人気沸騰中なのだ。映画やドラマで演じてきた役柄のイメージは“ちょっと危ないおじさん”。

 ほとんど名前を知られていなかった大森が脚光を浴びるきっかけとなったのは、多部未華子(31)がヒロインを演じたドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の大成功だ。TBSといえば今期、全話視聴率20%超えを達成している「半沢直樹」の成功ばかりが報じられているが、実はその陰で「わたナギ」もきっちりと結果を出していた。

「初回の見逃し配信は、1週間で220万回再生と同局の記録を更新した。初回世帯視聴率14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を叩き出しその後、回を重ねるごとに数字を上昇させたんです。しかも、最終話は世帯視聴率19・6%。全話平均視聴率も15・1%で『逃げ恥』の平均視聴率14・5%を超えてしまった。『半沢』が放送されていなければ間違いなく今期ナンバーワンドラマだった」(キー局関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」