大森南朋の争奪戦勃発「わたナギ」で好感度No.1おじさんに

公開日: 更新日:

 2020年下半期、テレビ界で次に大化けするといわれているのが俳優の大森南朋(48)。今やドラマやバラエティー番組のキャスティング会議で必ず名前が挙がるという。お世辞にもイケメンとは言い難い風貌ながら、女子大生やOL、若妻層の間で人気沸騰中なのだ。映画やドラマで演じてきた役柄のイメージは“ちょっと危ないおじさん”。

 ほとんど名前を知られていなかった大森が脚光を浴びるきっかけとなったのは、多部未華子(31)がヒロインを演じたドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の大成功だ。TBSといえば今期、全話視聴率20%超えを達成している「半沢直樹」の成功ばかりが報じられているが、実はその陰で「わたナギ」もきっちりと結果を出していた。

「初回の見逃し配信は、1週間で220万回再生と同局の記録を更新した。初回世帯視聴率14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を叩き出しその後、回を重ねるごとに数字を上昇させたんです。しかも、最終話は世帯視聴率19・6%。全話平均視聴率も15・1%で『逃げ恥』の平均視聴率14・5%を超えてしまった。『半沢』が放送されていなければ間違いなく今期ナンバーワンドラマだった」(キー局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る