二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

結婚・離婚のキモは「実家の母」バツイチ長渕剛の時は…

公開日: 更新日:

 結婚・離婚の周辺取材で核になるのが身内の話。最近も綾瀬はるかと韓国俳優との結婚話が騒がれると、綾瀬の広島の実家で祖母の話を紹介する週刊誌もあった。実家取材は昔から、取材の基本的な面もあった。

 経験則で言えば、都内近郊に実家のある場合、子供と会う機会も多いのか警戒してしゃべることは少ない。一方、実家が地方では母親が話す確率は高い。

 実家捜しも、地方は行き当たりばったりでも、タクシーの運転手やお店などに聞けば、なんとか割り出すことができた。

 初めての実家取材は女優のいしだあゆみだったと記憶する。大阪府池田市の駅前商店街で母親が喫茶店を経営していたこともあって、駅を降りれば誰もが知っていた。

 お店が実家で、母親が店にいる。客として入り、頃合いを見計らって取材の旨を伝える。母親は「マスコミの人かなあ? なんか怪しいと思っていました」と気づいていた。そんな話から和むも、核心の話をしてくれるわけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る