「半沢直樹」と「竜の道」が関西人に好まれる“2つのワケ”

公開日: 更新日:

「2013年放送の前作最終回で叩き出した視聴率42・2%に迫るのか、超えるのか。ストーリー展開はもちろんのこと、関心は“記録”にも移りつつあります」(在京キー局関係者)

 いよいよラストスパートに入った堺雅人(46)主演のTBSドラマ「半沢直樹」。13日放送の第8話は、関東地区で平均視聴率25・6%と自己ベストを更新。関西地区でも28・5%と、30%の大台が“射程圏内”に入っている。

「ちなみに7年前の前作も、前半の舞台が大阪ということもあってか、関西の方が視聴率が高かったんです。関東で30%台に乗ったのは第7話、関西では第6話と早かった。最終回の数字も、関東が42・2%に対して関西は45・5%でした」(テレビ誌ライター)

 もはや“令和一”の国民的ドラマなのだが、なぜ、そこまで関西で人気なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  4. 4

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  5. 5

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  6. 6

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  7. 7

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  10. 10

    NiziUに不協和音 ミイヒ休養に続きリマ父Zeebraに別居報道

もっと見る