ラサール石井
著者のコラム一覧
ラサール石井タレント

1955年、大阪市出身。本名・石井章雄(いしい・あきお)。鹿児島ラ・サール高校から早大に進学。在学中に劇団テアトル・エコー養成所で一期下だった渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成し、数多くのバラエティー番組に出演。またアニメの声優や舞台・演劇活動にも力を入れ、俳優としての出演に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。石井光三オフィス所属。

逆境に負けぬ演劇界 コロナ禍を逆手に取った朗読劇が出色

公開日: 更新日:

 イベントなどの入場者数がまた一段階緩和されたが、演劇はまだまだ慎重で、やはり今はまだ客席は半分。稽古から本番までかなり厳しいコロナ対策を行っての公演を続けている。それでも予定されていた公演は粛々と上演されている。役者たちもお客さまの前で演じられる幸せをじんわりと噛み締めている。かく言う私も1週間後に初日を迎える、半年ぶりの芝居の稽古の真っ最中だ。

 そんな中、観客として3本の芝居を見た。最初はケラリーノ・サンドロヴィッチことケラ氏が奥さまの緒川たまきさんと立ち上げたユニット、ケムリ研究室の「ベイジルタウンの女神」。

 すでに「キネマの天地」という名作を世に送り出した2人が、数々の映画にインスパイアされ作り上げた、古き良きコメディー映画へのオマージュに満ちたすてきなおとぎ話だ。いつものブラック味は控えめに、まさに喜劇の王道。私にはケラ版「ユーリンタウン」「メリー・ポピンズ」にも見えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る