16歳の竹内結子さんが初めてのインタビューで語っていた夢

公開日: 更新日:

 女優、竹内結子さん(享年40)の突然の訃報に、多くのタレントや芸能関係者から悲しみや戸惑いの声が上がっている。

 竹内さんは、26日の夜は家族で食卓を囲み、特に変わった様子はなく、夕食後は先に2階の寝室に向かった。その数時間後の27日午前2時ごろ、変わり果てた姿が夫で俳優の中林大樹(35)により発見された。

「あまりに突然の出来事に、残念ですとしか言いようがありません」と語るのは、作家でアイドル評論家の中森明夫氏だ。中森氏は96年、デビュー直後、16歳の竹内結子さんをいち早くインタビューしていた。

「当時地下鉄に乗っていたら、中吊り広告にひときわ目を引く短髪の美少女が載っていたんです。『大蔵省 関東財務局』の国有地販売の広告でした。目を凝らして見ても名前はどこにも入っていない。そこで大蔵省に電話して、彼女の名前を聞き出した。ウザがられましたけど」

 中森氏は当時、芸能誌「近代映画」で「中森アイドル応援隊」という連載を持っていた。

「スターダストに所属している新人ということがわかり、取材することになりました。担当マネジャーは“さすが中森さん、彼女は活動を始めたばかりで、これが芸能界に入って初めての取材ですよ”と驚いてましたね」

 竹内さんは、高校入学前の春休みに東京・原宿でスカウトされて、デビューしたばかりだった。

「清潔感があって、瞳の奥に強い意志を感じさせる子でした。会った瞬間にこの子はいいなと思いましたね。山口智子さんや豊川悦司さんが好きで、ドラマやCMに頑張っていきたいと、しっかりした口調で答えてくれました。“竹内結子という名前を多くの方に知ってもらえる存在になりたい”とも話していましたね」

 その後、竹内さんは、映画「イノセントワールド」でヒロインを務めるなど、女優として着実にステップアップしていった。

「20歳くらいの時に再会したのですが、初取材のことを覚えてくださっていて“当時はうれしくて、何冊も雑誌を買いましたよ”なんて話してくれましたね」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

  4. 4
    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

  5. 5
    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

  1. 6
    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

  2. 7
    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

  3. 8
    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

  4. 9
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  5. 10
    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”

    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”