平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

「下北のジャニス」こと金子マリは“ロフトの恩人”なのだ

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスは依然として収束していないが――。暑かった夏も終わりを告げ、驚くような物音を立てながら秋風が、街角を吹き抜けるようになった。

 あのころ小さな街だった下北沢は<熱気>を抱え込んでいた。駅から少し離れた場所に<ロックスペース>下北沢ロフトが誕生したからだ。

 そんな街に「下北のジャニス」と評判を集めていた女性ボーカリストがいた。金子マリ&バックスバニーのステージは<嵐>を呼んだ。彼女のグルーブ感が、すべてのしぐさが、聴く者のハートをわしづかみにした。

 オリジナルメンバーはギター永井充男、ベースは<ベンベケ・ベース>の鳴瀬喜博、キーボード難波弘之、ドラムス橋本英晴。曲の完成度の高さから完璧なバンドと言われた。彼女たちと親交が深かった関西系ミュージシャンがシモキタ・ロフトを拠点にするようになり、営業的な貢献度も絶大だった。まさにシモキタ・ロフトの恩人なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る