ラサール石井
著者のコラム一覧
ラサール石井タレント

1955年、大阪市出身。本名・石井章雄(いしい・あきお)。鹿児島ラ・サール高校から早大に進学。在学中に劇団テアトル・エコー養成所で一期下だった渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成し、数多くのバラエティー番組に出演。またアニメの声優や舞台・演劇活動にも力を入れ、俳優としての出演に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。石井光三オフィス所属。

「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

公開日: 更新日:

「犬笛を吹く」という言葉がある。「犬笛」とは特定の周波数で犬にだけ聞こえる音を出し、犬を操る時に使う。その意味から選挙戦などで政治家が自分の支持者にだけわかる言葉や表現で差別的なニュアンスを伝えることを「犬笛」と表現する。

 例えば、前回のバイデン氏との討論会で、司会者が「白人至上主義者の武装過激集団について」質問した時、トランプ大統領は“Stand back and stand by”(後方で備えて攻撃の構えを取れ)と述べて、デモ隊に対する暴力を挑発し、一部過激派は狂喜した。つまり「犬笛を吹いた」のだ。

 このようなことは日本のSNS上でも頻繁に起こっている。きゃりーぱみゅぱみゅさんがちょっと政治的なことを言うと、影響力のある女性評論家が「よくわからないのに口を出さない方がいい」などと書き込む。するとそれがゴーサインになり、攻撃的なネット民があちらこちらから野犬のように卑劣な攻撃を加え始める。女性評論家が命じたわけではないので「私のせいではない」と逃げられる。これも「犬笛」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  2. 2

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  5. 5

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  6. 6

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  7. 7

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  8. 8

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    不仲の菅と小池「GoToを止めるな!」で利害一致の国民愚弄

もっと見る