城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

沢尻エリカ「別に」発言の際にみせた竹内結子さんの優しさ

公開日: 更新日:

 故・竹内結子さん(享年40)は、本当に魅力的な女優だった。

 僕は映画の製作発表や舞台挨拶の場でお見かけすることが多い女優だったが、一番思い出されるのは“あの女優”が舞台上で「別に」と発言して大きな話題になったときのことだ。

 今から13年前……、その女優の態度のために、現場はうすら寒い雰囲気で映画公開のイベントを終え、出演者たちは壇上を降りていったのだが、その時、出演者のひとりとして並んでいたのが竹内さんだった。彼女は集まっていた報道陣の前を通り過ぎる際、少し困った表情ながら、笑顔で「ごめんなさい。本当にすみません」と、報道陣それぞれに声をかけるように頭を下げて退出していった。僕らも救われたような気持ちになり、「竹内さんって、いい子だね」と口を揃えたものだ。

 その頃、彼女は出産と育児の大変な時期で仕事をセーブしていたが、関係者は「仕事を入れようと思えば、選べるくらいに来るし、CMも入ってくる」と話していた。女優としては理想的と言っていい。

 そんな彼女は、マスコミの前に出るたびに明るく楽しい話を披露してくれた。本業の女優としても、主演、もしくは主演格の役柄ばかりで文句なし。シリアスからコミカルまで幅広い役柄をこなす実力派で、もうひとつ、“差し入れ女王”といわれるくらい共演者やスタッフにも配慮していた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める