アンジャ児嶋「半沢直樹」以前からイケメンオーラ全開?

公開日: 更新日:

 9月27日放送の最終回の平均世帯視聴率は32.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。驚異的な数字で有終の美を飾った堺雅人(46)主演の「半沢直樹」。最終回から時間が経った今も、ネット上は〈半沢ロスになってる〉〈次はいつ見られますか? 待ち遠しい〉と、終了を惜しむ声であふれている。

 堺をはじめ、柄本明(71)、香川照之(54)、片岡愛之助(48)、筒井道隆(49)、江口のりこ(40)と、とにかく濃い面々が濃い演技を繰り広げた「半沢直樹」。その中で抑え気味な演技ながらも、しっかりとその存在を印象づけたのは、議員秘書・笠松茂樹役を演じた、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉(48)だろう。

「セリフこそ多くはなかったものの、児嶋さんは回を重ねるごとにどんどん存在感を増していきましたね」と話すのは、芸能ライターのエリザベス松本氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る