ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

わが家に巨匠カメラマン来たる…俺がやらかした大失策

公開日: 更新日:

「あの~文芸春秋さんから愛猫を撮って取材させていただきたいとおっしゃるんですが、どうしましょう?」とマネジャーから連絡が入る、ぶ、文芸春秋!! あの日本の文学誌を代表する……やるやるやりますやらせていただきまーす!!

「それから、カメラマンさんは立木義浩さんとおっしゃる有名な方なんだそうですが、ご存じですか」

 えー! えー! え~っ!! ご存じも何も日本の写真界で立木さんと言ったら大御所も大御所、とにかくその仕事をあげたらキリがないけど、そーあの大、大、大ベストセラーになった伝説の歌手、山口百恵ちゃんのエッセー「蒼い時」の写真も立木さんだよー! と文芸春秋&立木義浩さんという2大巨頭に立ち向かうこととなったのだった(いや、別に戦うわけじゃないんだけどね……)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る