宮崎美子“還暦美ボディー”が大反響 次のビキニ熟女は誰?

公開日: 更新日:

 女優・宮崎美子のビキニ写真が世間を一瞬のけぞらせ、拍手喝采を浴びている。

「1958年生まれ、61歳でビキニ姿を披露できるなんて勇気があるなあ、うらやましいなあ……単純に好感を持った女性は多いはずです」と、芸能ライターのエリザベス松本氏はこう続ける。

「宮崎さんはクイズ番組で知的なイメージが定着していて、今も活躍している芸能人だからこそ、ビキニ写真にも驚きがあるわけです。売れなくなったタレントが脱ぐ、みたいな悲壮感とか痛い感じがまったくないので、好感をもって迎えやすい。素直に〈すごいなあ〉と拍手を送れる。出すタイミングが絶妙ですよね」

 もちろんそれも、宮崎が女子大生の頃から美ボディーをキープしているからこそだ。

「ただ、もし宮崎さんがハードな筋トレでシックスパックみたいな肉体だったら、ここまで盛り上がらなかったかもしれません。あくまでイメージですが、宮崎さんのビキニ写真は、そこまで無理をしていない自然な体に見える。〈私も頑張ってみようかな〉と世の女性をやる気にさせ、〈私だって〉と夢や希望を持たせてくれる力があります。それが、あの写真のすごさでしょう。もしシックスパックだったら、見た瞬間に〈私には無理!〉って諦めてしまいますからね」(女性誌編集者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い