宮崎美子“還暦美ボディー”が大反響 次のビキニ熟女は誰?

公開日: 更新日:

 女優・宮崎美子のビキニ写真が世間を一瞬のけぞらせ、拍手喝采を浴びている。

「1958年生まれ、61歳でビキニ姿を披露できるなんて勇気があるなあ、うらやましいなあ……単純に好感を持った女性は多いはずです」と、芸能ライターのエリザベス松本氏はこう続ける。

「宮崎さんはクイズ番組で知的なイメージが定着していて、今も活躍している芸能人だからこそ、ビキニ写真にも驚きがあるわけです。売れなくなったタレントが脱ぐ、みたいな悲壮感とか痛い感じがまったくないので、好感をもって迎えやすい。素直に〈すごいなあ〉と拍手を送れる。出すタイミングが絶妙ですよね」

 もちろんそれも、宮崎が女子大生の頃から美ボディーをキープしているからこそだ。

「ただ、もし宮崎さんがハードな筋トレでシックスパックみたいな肉体だったら、ここまで盛り上がらなかったかもしれません。あくまでイメージですが、宮崎さんのビキニ写真は、そこまで無理をしていない自然な体に見える。〈私も頑張ってみようかな〉と世の女性をやる気にさせ、〈私だって〉と夢や希望を持たせてくれる力があります。それが、あの写真のすごさでしょう。もしシックスパックだったら、見た瞬間に〈私には無理!〉って諦めてしまいますからね」(女性誌編集者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る