小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

公開日: 更新日:

「大丈夫、大丈夫」と、明石家さんま(65)が励ましてくれたとし、俳優活動を再開した小出恵介(36)は「婦人公論」でのインタビューでこう振り返っている。

「さんまさんの声を聞いた瞬間、ただただ涙が溢れ出て、あとはもう言葉にならなかった。一番怖いと思っていたさんまさんが一番優しかった。あの時の電話は一生忘れられないです」

 未成年女性との飲酒と不適切な関係を持ったとして無期限活動停止となった小出。このとき、さんまプロデュースのドラマ主演も降板となり、自らの不祥事で迷惑をかけてしまったことをわびる電話でのことだという。

 さんまはその後、小出を米国に訪ね、観劇や食事を共にし、人を紹介してくれたりしたというから、小出にとって恩人になるだろう。

 さんまはまた、MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」で、宮迫博之(50)について「なんとかしてもらえないですかね」と訴えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る