ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

“星一徹”な昭和の親父の記憶 電話番号売ってひと儲け企む

公開日: 更新日:

 前回、1964年の東京五輪で父親にテレビの前に正座させられてマラソン金メダリスト、エチオピアの裸足の英雄アベベ選手を見させられた思い出を述べたが、今回はあの頃の、現在では考えられない昭和の親父の記憶を振り返ってみるのだ。

 これは、決してウソでも作り事でもなく、あの当時の父親はまさにアニメ「巨人の星」の父、一徹そのもので、自分の機嫌が悪いと(すべては自分の気分次第でした。例えばパチンコで負けたから家族に当たるとか……もう、そこに理論など存在しなかったのです)二言目には「だれが、おまえらを食わせてると思ってるんだア!!」とちゃぶ台をひっくり返す勢いだったのです。

 そのくせ保守的というのか? やたら大勢に弱いところがあって「テレビはナショナル」(ウム……まだ松下電器だったっけ? とにかく現在のパナソニックの前身です)、「時計はセイコー」「ピアノはYAMAHA」と大きなメーカーのモノに弱かったのです。てか、わが家にピアノなんかないってーのに、たまたま何かの折に「河合のピアノ」でも目にしようもんなら、四分音符と八分音符も怪しいくせに「ダメだー!カワイだってよ、オイ! やっぱりピアノはYAMAHAだろー!! カワイなんてバッタモンだかんな、よく覚えとけよー!!」(河合楽器さん、ごめんなさ~い)とピアノにからむ始末だったのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  7. 7

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  8. 8

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  9. 9

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  10. 10

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

もっと見る