田中幾太郎
著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。

音のライバル夏目千鶴子のモデル 関屋敏子の数奇な運命

公開日: 更新日:

 第20週では、酒や博打と、すさんだ生活を送っていた佐藤久志(山崎育三郎)が古山裕一(窪田正孝)や藤丸(井上希美)らに支えられ立ち直り、全国高校野球の大会歌「栄冠は君に輝く」を熱唱した。

 第21週からは11月に突入。いよいよラストスパートである。コロナ禍による大幅なスケジュール変更はあったが、なんとかゴールが見えてきた。同週の主役は古山音(二階堂ふみ)。出産や子育てで一度は諦めた歌手への道に再チャレンジする。音の音楽学校時代のライバル・夏目千鶴子も久々に登場する。

 千鶴子役は小南満佑子(24)。今年3月に東京音楽大学を卒業したばかりだが、在学中に「レ・ミゼラブル」(東宝)のコゼット役に抜擢されるなど、すでにミュージカル界ではなくてはならない存在になっている。一方、テレビドラマは「エール」が初出演だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る