著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。 日刊ゲンダイDIGITALで連載「名門校のトリビア」を書籍化した「名門校の真実」が好評発売中。

「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

公開日: 更新日:

 第19週で古山裕一(窪田正孝)は劇作家・池田二郎(北村有起哉)や長崎の医師・永田武(吉岡秀隆)と出会い、精神的にも完全復活する。続く10月26日からの第20週では、全国高校野球の大会歌「栄冠は君に輝く」を軸に物語は展開する。古山のモデル・古関裕而の集大成ともいえる一曲である。今回は、「雲はわき 光あふれて」と始まるこの曲の詞を書いた加賀大介という人物にスポットを当ててみたい。

 全国高校野球を主催する「朝日新聞」が大会歌の詞を募集したのは終戦から3年がたった1948年初夏のことだった。同年4月、学制改革により、新制高校が発足。それに合わせ、全国中学野球は全国高校野球に改められた。そこで「朝日」は新時代の幕開けにふさわしい歌詞を広く一般から求めることにしたのである。

 全国から応募があった5252編の中から最優秀作品に選ばれたのは、石川県の金沢地方貯金局に勤める高橋道子という女性の詞だった。実は、これは中村義雄という男性が書いたもの。中村は加賀大介というペンネームで短歌の会を主宰したり、ラジオドラマの脚本を手がけるプロの文筆家だった。賞金欲しさで応募したと思われるのが嫌で、婚約者の名前を借りたのである。賞金額は5万円。当時、金沢では家が建つというほどの大金だった。まもなく、2人は結婚。のちに中村は加賀大介に改名。道子夫人も加賀姓になっている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方