田中幾太郎
著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。

「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

公開日: 更新日:

 第19週で古山裕一(窪田正孝)は劇作家・池田二郎(北村有起哉)や長崎の医師・永田武(吉岡秀隆)と出会い、精神的にも完全復活する。続く10月26日からの第20週では、全国高校野球の大会歌「栄冠は君に輝く」を軸に物語は展開する。古山のモデル・古関裕而の集大成ともいえる一曲である。今回は、「雲はわき 光あふれて」と始まるこの曲の詞を書いた加賀大介という人物にスポットを当ててみたい。

 全国高校野球を主催する「朝日新聞」が大会歌の詞を募集したのは終戦から3年がたった1948年初夏のことだった。同年4月、学制改革により、新制高校が発足。それに合わせ、全国中学野球は全国高校野球に改められた。そこで「朝日」は新時代の幕開けにふさわしい歌詞を広く一般から求めることにしたのである。

 全国から応募があった5252編の中から最優秀作品に選ばれたのは、石川県の金沢地方貯金局に勤める高橋道子という女性の詞だった。実は、これは中村義雄という男性が書いたもの。中村は加賀大介というペンネームで短歌の会を主宰したり、ラジオドラマの脚本を手がけるプロの文筆家だった。賞金欲しさで応募したと思われるのが嫌で、婚約者の名前を借りたのである。賞金額は5万円。当時、金沢では家が建つというほどの大金だった。まもなく、2人は結婚。のちに中村は加賀大介に改名。道子夫人も加賀姓になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る