二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

チャールズ皇太子とダイアナ妃の取材で刑事から職務質問

公開日: 更新日:

 芸能や事件などの取材を通して増えたのが地方出張。ほぼ全国各地に出かけている。初めての地での取材は不安もつきまとうが、名曲の一節、「知らない街を歩いてみたい」の気分にも少しは浸れた。

 地方取材は原則、ひとり。初めての地では、駅到着後、真っ先に飛び込むのが本屋だった。地元の地図を購入して近くの喫茶店か食堂で地図を広げながら取材先を把握。わからないことは店主に聞く。いつもこれを基本にしていた。行くたびに地図が増え、一時、本棚の一角を全国の地図が占めたこともあった。

 地図の次が地元の人たちだが、困ったのが方言だ。同じ日本語、多少の方言は理解できるが、場所によってはかなりなまりが強く、こちらの質問は理解してくれても、返ってくる話が意味不明。特に年配者となると同じ質問を聞き直しても、答えはまったく同じ。お手上げだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る