二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

AKB48がもたらした弊害 アイドルとファンが近くなりすぎた

公開日: 更新日:

 ジャニーズファンはいつもテレビ局の玄関前にいた。近年、テレビ局は移転や建て替えで建物が要塞化。玄関、駐車場も含め、ガードは完璧。出待ちもままならない状況。その点、昔の局はかなり緩かった。

 駐車場が建物の外にある局もあり、芸能人も玄関から駐車場まで歩く。仕事が終われば必ず出て来るスペース。記者にとっては絶好の直撃ポイントであり、出待ちするファンもアタックチャンスゾーンになっていた。

 夕方は学校帰りの女子高生も制服で待っている。前を通ると「〇〇の番組、何時ごろ終わるか知りませんか」と聞かれることもあった。「誰を待っているの」と聞くと「諸星君」と、お目当てのアイドルの名前を言う。ちなみに「君」付けなのがアイドルファンの特徴だった。

 諸星は1980年代に活躍した7人組グループ“光GENJI”のメンバーで際立って人気が高かった。彼女たちは出てくるまで我慢強く待つ。 出てきても玄関から車に乗るまでの数分のアプローチ。握手できるかできないかぐらいしかない。それでもファンは「触れて体温を感じたい」ために待っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る