二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

公開日: 更新日:

 駆け出し記者の頃、「青山に沢田研二がよく来る店がある」と教えてくれたのは建設会社に勤める友人だった。さっそく一緒に出かけた。よくあるパブだったが、当時は青山という街がステータスな時代。よくあるパブでも敷居が高く感じた。客層も違う。流行の最先端をゆくような業界人らしき人たちが集っていた。

 何度か通っているうちに、本当に沢田と遭遇した。店の経営者らも交じり何人かで陽気に飲んでいた。すでにソロとして活動していたスーパースターの沢田もここでは普段着で店になじんでいた。言葉も関西弁(京都出身)。

 沢田と気づいても騒がないのが青山のマナー。従業員に聞くと「経営者が京都時代からの親友」とのことで、沢田にとって仕事でたまったストレスを発散する場所になっていたようだ。

 グループサウンズ時代はボーカルとして圧倒的な人気を誇った沢田。紆余曲折を経てソロに転身。アイシャドーやカラーコンタクトなどのメーク。セクシーな衣装で「ジュリーの世界」を演出。それを嫌みなく絵にしてしまうのが沢田の力量だった。今でこそ、ビジュアル系歌手に違和感はなくなっているが、当時は男が化粧することに批判的な意見も多く、沢田の化粧を巡り賛否両論。論争まで起こった。沢田のスタッフのひとりから聞いた話は印象的だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  8. 8

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  9. 9

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  10. 10

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

もっと見る