岡本椛里さん 元パリダカ女優の壮絶人生…2度のがん、倒産

公開日: 更新日:

 1980年代後半から90年代前半まで、レギュラー番組8本を抱える人気タレントながらレーシングドライバーとして活躍した。本日登場の岡本椛里(57、当時は岡本佳織)さんだ。「パリ・ダカールラリー」にも3年連続参戦。2度完走し、大いに注目を浴びた。芸能界引退後はスイーツ店を繁盛させて話題となったが、今どうしているのか?

  ◇  ◇  ◇

「2年前の8月、55歳にして『不決 ~FUKETSU~』という不倫をテーマにした曲で歌手デビューしまして、芸能活動を再開しました。昨年10月には、モロ師岡さん主演のオムニバス舞台『タクシードライバー』でお母さんとアイドルの2役を演じたのですが、このお芝居は評判が良くて、6公演の予定のところ、追加があって全7公演になったんですよ」

 岡本さんと会ったのは都内のカフェ。日刊ゲンダイの取材後は、秋葉原から配信するインターネット番組の打ち合わせだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  5. 5

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  6. 6

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  7. 7

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  8. 8

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  9. 9

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  10. 10

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

もっと見る