高橋里華さん 元CMクイーンの壮絶介護「悲観していない」

公開日: 更新日:

 コニカ、小林製薬、P&G、イオン、三菱自動車、トヨタ、リクルート……。1990年代から2000年代にかけて、数々の東証1部上場企業のCMモデルとしてお茶の間を賑わせた。本日登場の高橋里華さん(48)だ。95年にはCDデビューを果たし歌手の顔も持つ。さて、今どうしているのか?

  ◇  ◇  ◇

「ジイジはベッドにいることが多いのですが、体調が良い時はリビングでテレビを見たり、予科練時代のアルバムを広げたり……。夏場は屋内でも熱中症の危険がありますから、こまめな水分補給が欠かせませんね」

 ジイジとは夫の父。1928年、愛媛県松山市生まれの92歳だ。2011年8月から同居を始め、映像関係の会社を経営する夫と小4の長女、小1の次女の5人暮らしである。

介護は5年ほど前からですね。まずジイジが認知症になりだし、1年くらい後にバアバの肝硬変が発覚。すでに末期だったため人工透析が必要で、同居当初の介助から2人の介護になっていきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る