ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

弟子入りを請う俺に立川談志師匠が放った奇跡の言葉

公開日: 更新日:

 奇跡は信じられないことが起こるから「奇跡」と呼ぶ。1982年9月13日の池袋の夜に俺に舞い降りた出来事こそは、その後40年近くも芸能界でメシを食っていることを考えたら、まさしく「奇跡」以外のなにものでもないと、あの瞬間あの言葉を振り返り、思うのだ。

 金原亭馬生師匠の訃報の日、おまけに立川談志師匠への俺の弟子入りの世話役であった漫画家の高信太郎さんは、こともあろうに師匠に会うなり「初めまして……」と緊張しながら、耳を疑うような挨拶はするわ……(え~っ、旧知の仲のような口ぶりだったじゃないの~!?)。

 池袋演芸場での一門会の高座を終え、打ち上げをしていた飲み屋。その宴のお開き寸前に談志に呼ばれ、カラカラに渇き切った喉とあまりの緊張感から、その場の映像と音声がズレているような感覚を覚えながら、弟子入りの旨を伝え、談志の言葉を待った……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る