ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

立川談志への弟子入り願う俺を凍らせた高信太郎さんの一言

公開日: 更新日:

 1982年9月13日、その夜、池袋演芸場の高座で立川談志がイの一番に発した10代目金原亭馬生の訃報は満員の客席をざわめき立たせた……。談志の毒舌ぶりはお客さんの誰もが知っていたが、その口調、語りぶりからそれが真実であることを疑う者はひとりとしていなかっただろう。

 談志は高座の頭で馬生師匠の訃報を告げた後、いくつかの2人のエピソードを語っていたとおぼろげには覚えているものの……その時の俺の頭の中は真っ暗闇の底なしの井戸に落下していくかのようだったのだ。

 実はその日、俺が演芸場に足を運んだ理由は「立川談志に弟子入りする」だった。それがいきなりの馬生師匠の訃報って……、「あー! もうダメだ! 絶対に弟子になんかしてくれるはずがない!!! だって……ホラ、そーそー芸人は縁起をかついだりするだろうから……えっ弟子入り? バカ野郎、馬生が死んだ縁起でもない日に弟子なんかとれるかー!! さあとっとと帰った! 帰った!! オウ、誰か塩まいとけー!! ウワ~ッ、どーしてよりによって馬生師匠も今日逝っちゃうのさ~、せめてあと数日踏ん張れなかったかなあ~……まあ、噺家は座布団の上で座ってばかりで下半身鍛えてなさそうだからなあ……」と亡くなられたばかりの馬生師匠にまで八つ当たりする始末……バチ当たりでホント申し訳ありませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  3. 3

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  6. 6

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  7. 7

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  8. 8

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  9. 9

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  10. 10

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

もっと見る