ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

アベベは俺に「金持ちになると人は変わる」を教えてくれた

公開日: 更新日:

 2020年東京オリンピック・パラリンピックは新型コロナウイルスの世界感染拡大により1年後に持ち越されることになりましたが……何があってもやってもらわにゃ困るのが芸能界なのです。

 中止なんてことになれば、日本中が不景気に陥るのは間違いないのだ!! となれば当然、大企業をはじめ、最初に切り詰められるのが宣伝広告費ということになり、スポンサーは減少していく一方となり、芸能界はからっ風に吹きさらされるであろう……怖いよ~! えーい、こうなったら現実逃避で人生ルーレットを回してしまえ!! クルクルクル~カランコロン!!

「ワーワーワー日本頑張れー!!」「円谷行け行けー!!」――うわ~ものすごい人、人、人の波、それにだれもが日の丸の手旗をちぎれんばかりに振っているぞ~? あ、そーかここは1964年、前回の東京五輪が開催されているまさに東京だ!!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る